【老鳥】寒さ対策

こんにちは、ようこそ!文鳥の森へ!

12月になり気温が低くなってくると気になるのが寒さ対策。




文鳥はもともと温かい国で暮らしている鳥なので冬場の温度管理には気を付けていますが、我が家のチルモンズは8歳の老鳥なので特に気を使います。

日頃からアクリルケースビニールカバーでケージを覆い20Wヒーターで保温していますが、湿・温度計の記録を見ると最低温度が20度まで下がる日が出てきたので、少しでもストレスを減らして快適に冬を乗り切ってほしくて寒さ対策をすることにしました。

  

 

 

老化で大分弱ってきているモンちゃんには40Wヒーターを設置。

20Wヒーターと比べるとサイズがかなり大きいですが、少し前にモンちゃんのケージを大きいものに買い換えたので無理なく設置することが出来ました。

【老鳥】老鳥のためのケージ改造

2019年9月20日

この40Wヒーターはチルが大怪我をして療養していた時に購入したものです。

【日常】特製の止まり木

2016年3月13日

 

 

元気なチルには20Wヒーターを2個設置。

 

 

これでどのくらいまで室温を上げられるかチェックしたら、27度位まで上げることが出来ました。

サーモスタットで温度を管理しているので暑くなりすぎも防いでいます。

 

 

 

これで完璧!と思いきや、ある問題が浮上しました。

 




 

それは湿度。

通常50~60%あったケージ内の湿度が、ヒーターで温度を上げたせいで40%にまで下がってしまいました。

暖かい国で暮らす文鳥は、温度だけでなく湿度も重要!

そこで、ヒーター上部に濡らしたミニタオルを置いてみたところ湿度を上げることが出来ました。

ただ湿度の管理は難しくて、タオルの濡らし具合では70%位まで上がってしまうので、しばらく様子を見て良い加減に調節できるように頑張ってみたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ   
にほんブログ村

文鳥ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)